スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アニメ】「エロ」「ソシャゲ」「作画」がキーワード!? 今期深夜アニメから読み解くアニメ界のトレンド

133604425677_2014013101330647a.jpg


■やっぱりムフフに期待したい! 今期注目のセクシーアニメは?

 深夜アニメといえば、やはりちょっとエッチな要素を期待してしまうのは人間の性。新作アニメで美少女が登場する作品は数あれど、
男の子だったら、学園コメディ物の『中二病でも恋がしたい!戀 』『のうりん』『ディーふらぐ!』
『ウィッチクラフトワークス』『生徒会役員共*』、
正統派ラブコメ物の『いなり、こんこん、恋いろは。』『ニセコイ』『未確認で進行形』……といった健全な作品群とは一線を画す、
煩悩直撃アグレッシブな作品に出会いたいもの。

 そうした希望に応えられるのは、以前の記事で紹介したように『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』
『桜Trick』『GO!GO!575』『マケン姫っ!通』の4作品。
原作がニトロプラスのマスコットキャラということで下馬評の高かった『そにアニ』は、
その後もホノボノ日常系アニメ路線を貫いており、惜しくも下落扱いとなりました。
さて4作品のその後の展開について、追加解説をしてみたいと思います。

 一番過激な描写でぐぐっと期待値をあげていた『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』ですが、
ついにBPOの青少年委員会で審議入りとなる事態に(外部サイト参照)。
『「22時台の中高生が視聴してもおかしくない時間帯で、
女子高生が自慰行為をするなどの性表現のあるアニメが放送されている」などの視聴者意見が多数あった』との理由。

 文面だけ見ると視聴者的には大変結構なサービス番組に思えてしまいますが、
これを受けて第5話からTOKYO MX及びサンテレビの放送時間と曜日が深夜帯へ変更に。
MXは毎週火曜25時30分から、サンテレビは毎週土曜日26時からとなります(BS11は放送時間の変更はなし)。
これによって関東地方では日本テレビの『HUNTER×HUNTER』、テレビ東京の『うーさーのその日暮らし 覚醒編』『ハマトラ』の裏番組となり、一気に火曜深夜がアニメ激戦区に。
まぁ内容的に視聴者は被っていない気もしますが……。

 さて本編のお話。最新の4話ではもちろんエロ描写もありますが、
兄妹の心の交錯を描いた意外とシリアスな展開で物語に引き込ませませ、なかなかの好印象。
これは意外と純愛物へ化けるかも知れません。
次回5話は水着回なのでここから視聴をスタートしてもいいかもですね。

 今回の騒動で「性表現のあるアニメ」としては太鼓判を押された形になるわけで、今後もスタッフにはより一層の発奮を願いたいものです。

 そして、TOKYO MX準拠では1月いっぱいの全4話で完結してしまうショートアニメ『GO!GO!575』。
3話では主人公2人にメガネっ娘・与謝野柚子も加わってまさかの迫撃! 
トリプル入浴シーンが! ほかの登場人物は一切出てこない究極のセカイ系百合アニメと化しています。

 アニメ本編は終了してしまいますが、2月からは正岡小豆役の大坪由佳さんと小林抹茶役の大橋彩香さんお二方が鎌倉の名所をレポートする『とくばん!575』が同じ時間帯で放映。
さらに3月からは『GO!GO!575』本編の再放送が行われるとのことでまだまだ楽しめますよ~。

『キミキス』……ではなかった、『キスダム』……でもなかった、百合カップルのめくるめくキスの世界を描く『桜Trick』。こちらは第3話になっても、
相変わらず主役2人をいかなる状況でキスに持ち込むか? 
を主眼に構成されるため、シチュエーション変化のバリエーションで楽しめます。
第3話では園田優の姉、生徒会長で眼鏡キャラの美月が登場。高山春香との仲を勘ぐられた優が真っ赤になって否定するなど、小ネタも良し。
本作は30分2話構成なので、1クール作品でも20通り以上の百合キスといちゃいちゃシーンが楽しめる、大変コストパフォーマンスに優れたアニメではないでしょうか。

 さて前回のレビューでは、最後にやって来た大物として大プッシュした『マケン姫っ!通』なのですが、
基本的にギャグ半分の作風なので、エロティックな実利を求める向きにはやや辛いかもしれません。
とはいうものの、第2話も基本はやりたい放題の御意見無用状態。地上波で風呂場でのソープモドキプレイは大丈夫なんでしょうか? 
女生徒キャラのうち今のところ主人公タケルにぞっこん状態なのは2人ですが、
この先の流れではおそらく4人にまで増えハーレム状態になるはずで、そこも期待できそうです。

 こうした作品はエッチ描写・シリアス描写・ギャグ描写の配分に失敗すると一気に失速するので、
金子ひらく監督には現在のバランス感覚を保って最後まで完走していただきたいと切に願います。
しかしボンテージの縛り責めプレイが毎週あるのは、やはり監督の趣味なんでしょうかね……?

http://otapol.jp/2014/01/post-500.html




3 :なまえないよぉ~:2014/01/30(木) 21:50:26.02 ID:2MugTWvh
「ちょっと」なのがいいんだがなぁ。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/31 01:33 ] マンガ、アニメ関連情報 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。